アーティストコース 

アーティストコース

アーティストコースは、本格的に絵画(具象、抽象)、現代アート(立体造形、インスタレーション)を学び、 将来にわたって制作、発表するプロの画家・立体造形作家を目指す、アーティストを育成するためのコースです。

プロのアーティストへの強い情熱と意欲を持つ、中学生以上~大人の方までを対象としています。

本コースには具象絵画を学ぶクラスと、抽象画、立体造形、インスタレーションなど現代アートを学ぶクラスがあります。

アーティストコース作品

特長

それぞれのクラスは、Ⅰ期(基礎科)、Ⅱ期(専攻科)、Ⅲ期(研究科)、Ⅳ期(発表科)からなり、表現の基礎や知識の修得、自分らしい表現スタイルの模索、公募展出品や個展開催まで実践的なカリキュラムでプロの画家、立体造形作家を目指します。

授業ではブレストを重視し、表現したいものは何か?自分らしさとは何か?を掘り下げる思考力を身につけていきます。

また、表現の幅を広げたり、自身の制作の方向性を客観的に見直す目的で、話題の美術展、アート展の見学会を定期的に行います。

絵画クラス カリキュラム

Ⅰ期(基礎科)2ヶ月(全16回)
デッサンの講義と実技を通して、絵画の基礎となる「観察力」「描写力」を身につけます。
また、色彩の基礎講座によって配色や混色の知識を身につけます。
〇『デッサンの講義と実技』
〇『色彩の基礎知識』
Ⅱ期(専攻科)2ヶ月(全16回)
油絵、アクリル画、水彩画、パステル画から自分に合った画材を選択し、課題制作を通して技法や表現力を身につけます。
〇『絵画組成の講義』
Ⅲ期(研究科)2ヶ月(全16回)
自分の描きたいもの、自分らしさを掘り下げ、オリジナリティのある作品を完成させることを目的とします。
〇『近代絵画史の講義』
Ⅳ期(発表科)2ヶ月(全16回)
公募展や個展のための作品を制作、出品します。
〇『公募展ガイド、個展開催のための講義』

 

現代アートクラス カリキュラム

Ⅰ期(基礎科)2ヶ月(全16回)
デッサンの講義と実技や色彩の基礎講座、配色や形体などの様々な構成演習を通して、抽象表現の基礎となる「表現力」や「発想力」を身につけることを目的とします。
〇『デッサンの講義と実技』
〇『色彩の基礎知識』
〇『配色・平面構成 演習』
〇『形体・平面構成 演習』
〇『発想・平面構成 演習』
〇『形体・立体構成 演習』
〇『発想・立体構成 演習』
Ⅱ期(専攻科)2ヶ月(全16回)
抽象画、立体造形、インスタレーションなどの課題制作を通して技法や表現力を身につけることを目的とします。
〇『絵画組成の講義』
Ⅲ期(研究科)2ヶ月(全16回)
自分に合った表現方法を選択し、自分の描きたいもの、自分らしさを堀り下げ、オリジナリティのある作品を完成させることを目的とします。
〇『現代アート史講義(1940年代以降のアートの変遷)』
Ⅳ期(発表科)2ヶ月(全16回)
公募展や個展のための作品を制作、出品することを目的とします。
〇『公募展ガイド、個展開催のための講義』

 

対象・選考

個人面談の上、能力や意欲を踏まえ決定します。 プロのアーティストへの強い情熱と意欲を持ち、制作、発表に真摯に向き合い努力する方に限ります。

 

時間割

下記の時間割から自由に受講スケジュールを設定していただけます。
※教室の詳しいスケジュールはこちらをご覧ください。

午前午後夜間
杉本
13:00~15:30
杉本
18:00~20:30
杉本
13:00~15:30
杉本
14:00~16:30

 

料金

入会金11,000円
受講料8回分:34,100円


※入会金は税込価格です。
※入会金は永年有効です。再入会の場合は無料です。
※年会費、設備維持費等はかかりません。
※短期集中デッサン・水彩画講座を受講後に入会された方は入会金が半額になります。
※鉛筆、消しゴム、共有モチーフ、カルトンなどの画材は月謝に含まれています(画用紙類、キャンバスを除く)。
※課題制作2作目までは教室の画材をお使いいただけますが、以後は各自でご用意いただくかスクールでご購入ください。
※お支払いは現金または銀行振込でお願いいたします。

お問い合わせはこちらから

電話でのお問い合わせ
   
twitter     facebook

error: Content is protected !!

© 2022 絵画教室 アートスクール セント・ギャラリー