コラム

透明感のある水彩画の描き方と上達のコツ

水彩画の上達のコツ

水彩画の上達のコツ

 

皆さんがご存知のとおり、水彩絵の具は水で絵の具を溶いて描く画材です。

そして透明感のある瑞々しい発色が特徴です。

水彩絵の具は描き方によってその特徴を効果的に引き出すことができます。

水彩絵の具は紙に載せたときに下の色が透けて見えるので、異なる色を何層にも塗り重ねることにより、下の色と上の色が響きあいます。

パレットで絵の具を混ぜて作った色とは違った透明感のある瑞々しい色合いが表現できます

この時、完全に乾いた層の上に薄く塗り重ねていくことがポイントです。

一度塗り重ねて濃くしてしまった色は明るくならないので、薄め薄めに塗り重ねること、パレットで絵の具を混ぜすぎない事、筆跡を残さないように、きれいにぼかす筆使いなど、慎重な計画性が水彩画の上達のコツです。

水彩画の技法に慣れて、透明感のある瑞々しい発色の水彩画を楽しんでください。

 

-コラム

error: Content is protected !!

© 2020 絵画教室 アートスクール セント・ギャラリー