デッサン

絵画教室・東京都

デッサンは、全ての絵の基本になります。油彩や水彩はもちろん、イラストやアニメ、ゲームなどの様々な分野で、デッサン力が軸になります。デッサン力をしっかりと身に付けることで、応用ができるようになるのです。

デッサンの目的

デッサンというと、鉛筆や木炭などモノトーンの画材を使用した絵を思い浮かべると思います。しかし、鉛筆によるモノトーンの絵だからデッサンなのではありません。
デッサンには、ただ絵を描くという目的以外にも、多くの意味があるのです。

まず、デッサンを描くことにより養われる力には、「観察力」と「自分のイメージを具体化させる力」があります。
よく観察し、それをどう表現するのか、どのように自分が描きたいのかを考えることにより、今までは見えなかった部分が見えるようになったり、物の捉え方が変わります。

デッサンの一番大きな目的は「絵画の基礎を身につける」ということです。
何事も、基礎がしっかりしていなければ、自分の思い描く作品を作ることはできないのです。デッサンを何度も描いていくことによって、ものの見方を深め、表現する力をつけることにより、思い通りの作品をつくることができます。

絵画教室 アートスクール セント・ギャラリー | 〒157-0062 東京都世田谷区南烏山6-3-17  ホワイトパークビル3F | TEL : 0422-24-8137
Copyright (C) 2008 - 絵画教室 アートスクール セント・ギャラリー All rights reserved.