抽象画の楽しみ方と描き方

絵画教室・東京都

絵画には様々なものがあります。
写真と見間違うような絵、幻想的な空想物の絵、ただの落書きのような絵、油絵に水彩画、水墨画、実に様々な描き方、種類、技法があり、どれもそれぞれに魅力的です。

しかし、よく「抽象画はわからない」と言う方がいらっしゃいます。
確かに、具体的な対象物を写実的に描かれている絵と、こどもの落書きのようなものや、幾何学的で何を描いているのかわからないものでは、良さがわかりづらいかもしれません。
写実的なものであれば、どれだけその対象物が本物に似ているかという点で鑑賞することができますが、一色だけがキャンバスに塗ってあったり、何をモチーフにしたのかさっぱりわからないものが描かれたり、題名がついているがなぜその題名なのかわからなかったり、抽象画の鑑賞方法がわからず楽しめない方も多いようです。

ここでは、背伸びせず身構えず、リラックスして自然体で抽象画を楽しむ方法をご紹介いたします。

鑑賞の時のポイント

抽象画を楽しむためには以下のようなポイントがあります。

観たままの美しさ、面白さを感じ取る

「作者は何を言いたいのだろう、どんな意図で描いたのだろう、題名との関連性は?」などは考えず、楽しい風景、きれいな風景を楽しむ感覚で鑑賞してみましょう。
風景には意図も意味もありません。
ただただそこに心惹かれる何かがあるだけです。

想像する

先に述べたこととは逆のようになりますが、作者の性格や人生、描かれた時代の背景などを知り、なぜこの作品が生まれたのか、このタイトルはどうやってつけられたのかと、思いを巡らせるのも楽しいものです。
ただ、そこに正解はなく、自分自身の想像を楽しむだけでいいのです。

描く際のポイント

抽象画を楽しむためには以下のようなポイントがあります。

想像を膨らませる

テーマを決め、それに対して自分の発想・想像を膨らませてイメージし、具体化します。

自分に合った表現方法を見つける

上手く自己表現できたときはとても楽しく嬉しいものです。

絵画教室 アートスクール セント・ギャラリー | 〒157-0062 東京都世田谷区南烏山6-3-17  ホワイトパークビル3F | TEL : 0422-24-8137
Copyright (C) 2008 - 絵画教室 アートスクール セント・ギャラリー All rights reserved.